ホーム


愛好者向け もっと勉強
もっと勉強
お灸は医療のない時代に行われていた治療法。その気になれば、自分でもできる。ごちゃごちゃ言い訳してないで、さっそく始めてみよう。一日、5分でいいんです。セルフお灸から始めて、自分で健康になっちゃおう。さらにちょっとした不調にも、お灸を使ってみよう。

おうちで簡単! お灸エステ 1,296円 送料 〒 290円
2013/12/21
Top

お灸は医療のない時代に行われていた治療法。その気になれば、自分でもできる。ごちゃごちゃ言い訳してないで、さっそく始めてみよう。一日、5分でいいんです。セルフお灸から始めて、自分で健康になっちゃおう。さらにちょっとした不調にも、お灸を使ってみよう。

おうちでお灸 126頁 2,160円 〒 290円
おうちお灸大集合
お灸がわかるおすすめSPOT
お灸の基礎知識
毎日5分、体質改善のお灸を始めよう
症状別お灸のツボガイド
・消化器の症状
・頭部の症状
・胸・呼吸器の症状
・女性の症状
・子どもの症状
・筋肉・骨・神経の症状
・皮膚の症状
・女性の美容
・心の症状
出版社ページ 地球丸からだブックス
2013/02/13
Top

えー、「お灸なんて古い時代の迷信だ」と思っているあなた、かなり考え直したほうがよいかも。お灸は身体にいい健康法なんですよ。手軽にできるんです。やり方はこの本に書かれています。著者もお灸をして健康生活をenjoyしていらっしゃるとか。ほらほら始めようかどうしようか迷っているあなた、まずはこの入門書を読んでみよう。超初心者向けです。
お灸のすすめ 1,296円
お灸のいいところ
お灸を行うときに注意したいこと
第一章 お灸の基礎知識
①お灸はなぜ体にいいの
②「もぐさ」のことを知りたい
③お灸スタイルいろいろ
第二章 お灸をはじめよう
Q子のはじめてのお灸
①まずは、お灸の効果を体感してみましょう
②ツボの見つけ方
③お灸のすえ方
④リラックスして心地よく
リラックスしてお灸が出来るグッズ紹介
はじめてのお灸Q&A
第三章 お灸が効くツボ紹介
お灸が効くツボMAP
胴/前面
腕・手
足/側面・前面・背面
足/甲・裏
胴/背面
まずはこのツボ
万能ツボ① 合谷
万能ツボ② 足三里
症状別
冷え症
お灸のツボ【プチ不調
A5版 128頁 1296円 池田書店 出版社ページ

2012/12/30
Top
愛好者向け
お灸は古臭いと思ったあなた、もしかして「そう思ったあなたが古臭い」かも。海外ではけっこうお灸、流行っています。フランスでも、スペインでも。これはたぶんアメリカ。本書はお灸をやってみたい人のための指南書です。ボロボロになるまで読み尽くそう!

まるごとお灸百科 144頁 3,456円 〒 500円
お灸の基本
お灸アラカルト
お灸グッズ
お灸治療
(一)お灸の基本
お灸の歴史を知る
よもぎからつくる艾のこと
艾工場見学
手作り艾研究所
基本の据え方
セルフケアとしてのお灸
(二)お灸アラカルト
たくさんあるお灸の種類
透熱灸、知熱灸、灸頭針、打膿灸、焦灼灸、
生姜灸、びわの葉灸、みそ灸、棒灸・押灸、
にんにく灸、クルミ灸、塩灸、箱灸、
その他多数
(三)お灸グッズ
もぐさ、灸頭針、台座灸、
箱灸、棒灸ホルダー
灸点、点火、火消
器械灸、ヨモギ、昔からの道具
(四)お灸治療
気力不足、かぜ、肩凝り、
花粉症、ギックリ腰、虚弱体質、
生理痛、無月経、下痢、病気予防、
高血圧、更年期障害、五十肩、
坐骨神経痛、頭痛、疲れ目、
眼精疲労、冷え症、寝違え
お灸コラム
お灸にまつわる話
牛に据えるお灸
灸療リング物語
お灸に活用するツボ
2017/07/31
Top

お灸は日本の歴史の中にも多数登場します。古くは平家物語にも。鎌倉初期にはお灸と掛けた恋歌もあるとか。「ん?」っと思ったら、この本を読んでみよう。お灸の意外な歴史を知ることができます。歴史を知ってお灸をするのと知らないでするのでは、お灸の効果にも違いが出るかも。そうしてお灸をしているあなたもお灸の歴史の一部ですよ。後年、この本に登場してもおかしくない?

お灸ばなしあれこれ 216頁 1,749円 〒 290円
お灸とは
東西医学思想
この症状にこのお灸
効き目の秘訣は反射にあり
直接灸と間接灸
予防医学・健康法としてのお灸
「自律神経失調症とお灸」
お灸ばなしあれこれ
日本篇
(一)武士とお灸
『平家物語』・橋合戦
『源平盛衰記』・橋合戦
鎌倉軍、強靱の理由
小田原北条攻めのツボ
頭にお灸をすえた松永久秀
太閤秀吉の手紙
お灸嫌いの家康
お灸好きの家光
お灸を勧める慶安触書
徳川家への婚礼調度
(二)貴族とお灸
施薬院・悲田院のバリ治療
鳥羽法皇が聞かれた話
高倉院の厳島御幸
やいとが焦がす恋心
玉葉・お灸日記
歌に詠まれた情熱療法
藤原定家と侍医の信頼関係
皇も民も受け入れた治療法
兼好が気にした健康法
蛭30匹
障子の奥の後陽成天皇
お灸のために譲位した後水尾天皇
(三)暮らしの中のお灸
『好色一代男』・覗き見をする世之介
三里の灸よりも小判の利き
近松門左衛門と実弟の会話
判じ物「吉弓」
松尾芭蕉がすえた足のお灸
『忠臣蔵』・おかるの悲しいお灸
灸箸のさはるようなもの
久松夫婦の親孝行
広重の描いた柏原町
浮世絵に見るお灸
蛍火は川のせなかのやいとかな
風市と富士
「灸を無になされますか?」
式亭三馬の見た風呂屋
左に曲がった看板
小次郎親分が味わった甘いお灸
淡島大明神のお告げ
第一八富士山丸事件
海外篇
(一)西洋のお灸
生命は短く、術は永遠である
ケンペルのスケッチ
日欧文化比較
ハリ治療の日欧相違点
(二)中国のお灸
扁鵲の鳥伝説
病膏肓に入る
孟子の考えるお灸
倉公の診断
灸艾図
膝に住む子牛
「よもぎ」
これからのお灸
一 温熱の違い
二 お灸の最高峰「八分灸」
三 ツボは面でとらえる
四 お灸に使う用具
五 八分灸のすえ方
六 お灸指圧教室
「海外に通じるお灸」
2015/03/11 絶版在庫無し
Top
shop@oq83.jp Home Last Update: 2017/07/31